2018年07月

    1: ばーど ★ 2018/07/31(火) 23:27:47.44 ID:CAP_USER9
     無許可で医薬品約13万2千点を販売目的で所持したとして、兵庫県警生活経済課と近畿厚生局麻薬取締部神戸分室などは31日までに、医薬品医療機器法違反(販売目的貯蔵)の疑いで、千葉県松戸市に住む中国籍の会社員張浩浩容疑者(34)を逮捕、送検した。

     県警は張容疑者が医薬品をインターネットで日本に住む中国人らに転売し、2016年6月以降、計約2億5千万円の売り上げを得ていたとみている。

     送検容疑は12日、東京都江戸川区内の倉庫内に医薬品販売業などの許可がないにもかかわらず、処方箋が必要なホルモン剤やニキビ治療薬など121種類、計13万1514点を販売目的で所持した疑い。

     県警によると、5月に同分室から「県内の薬局から医薬品が流れている可能性がある」と情報提供があり、捜査していた。今後入手ルートを調べる。張容疑者は容疑を認めており「日本の薬は安全で効果が高いため注文が多い。これまで約750人に販売した」と述べているという。

    7/31(火) 19:20
    神戸新聞NEXT
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180731-00000011-kobenext-l28

    【【社会】「日本の薬は注文が多い」 転売目的、無許可で医薬品所持 中国人の男(34)を逮捕、送検 】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2018/07/31(火) 23:34:50.23 ID:CAP_USER9
    ◆ マキタ4~6月、純利益19%増 電動工具伸びる

    マキタが31日発表した2018年4~6月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比19%増の155億円だった。
    国内外の景気改善や人手不足を背景に電動工具や園芸工具の需要が伸びた。
    ユーロが前年より円安だったことも利益を押し上げた。

    売上高にあたる売上収益は8%増の1226億円、営業利益は16%増の210億円といずれも過去最高だった。
    日本や欧州でリチウムイオン電池を搭載する製品が伸びた。

    原価低減も進んだ。
    19年3月期の通期見通しは据え置いた。

    日本経済新聞 2018/7/31 20:20
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33626500R30C18A7L91000/

    ☆ 株式会社マキタは、愛知県安城市に本拠を置き、電動工具をはじめとする総合電動工具の製造販売を行う日本の株式会社。

    【【企業】マキタ4~6月、純利益19%増 電動工具伸びる 】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2018/07/31(火) 23:26:45.67 ID:CAP_USER9
    ◆大日本住友製薬、貼るタイプの統合失調症薬

    大日本住友製薬は31日、貼り薬(テープ剤)タイプの統合失調症薬について承認申請をしたと発表した。
    世界でもまだ例はなく、テープから成分が安定的に放出されるため、錠剤や注射剤に比べて安定した効果を得られるという。

    患者が服用したことも目で見て確認できる。
    2019年度にも発売し、韓国や中国での販売も検討する。

    貼り薬を発売するのは「ロナセン」。
    錠剤や注射剤を嫌がる患者に対しても使いやすい。

    薬剤の皮膚への透過が難しく、これまで貼り薬はなかったが、日東電工との共同開発で実用化にメドを付けた。
    ロナセンは既に錠剤タイプを国内や韓国、中国で販売しているが、後発薬が19年6月以降に登場する見込み。

    貼り薬で錠剤と同程度の年間120億円超の売り上げを目指す。
    抗精神病薬全体の国内売上高を数年後に500億円と17年度比で約3倍に増やす。

    統合失調症の患者は国内に80万人弱、統合失調症薬の国内市場規模は薬の国内1800億円程度とみられる。
    同社の収益の大半を稼ぐ抗精神病薬「ラツーダ」は後発薬各社と特許を巡って係争中。
    事業の安定に向け品ぞろえ強化が急務となっている。

    日本経済新聞 2018年7月31日 18:50
    https://r.nikkei.com/article/DGXMZO33627140R30C18A7916M00?s=2

    【【医薬品】大日本住友製薬、貼るタイプの統合失調症薬発表…錠剤や注射剤に比べて安定した効果 】の続きを読む

    1: 衛星軌道中立隊 ★ 2018/07/06(金) 11:40:35.68 ID:CAP_USER
    アニメ「機動戦士ガンダム」が、ハリウッドで実写映画化されることが決定した。

    これはアメリカ・ロサンゼルスにて7月5日から8日まで開催中のイベント「Anime Expo 2018」にて発表されたもの。今回の実写映画はサンライズと、
    「パシフィック・リム」「GODZILLA ゴジラ」などを手がけてきたレジェンダリー・ピクチャーズとの共同制作となる。詳細は続報を待とう。

    「機動戦士ガンダム」は1979年に日本でテレビ放送が開始され、2019年で40周年を迎える。

    https://natalie.mu/comic/news/289948
    no title

    【【映画】「ガンダム」ハリウッドで実写映画化!制作はレジェンダリー・ピクチャーズ 】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2018/07/31(火) 23:28:56.00 ID:CAP_USER
    【7月31日 東方新報】
    中国の動画共有サイト、ビリビリ動画(bilibili)が26日、小米(シャオミ、Xiaomi)や華為(ファーウェイ、Huawei)、騰訊(テンセント、Tencent)のアプリストアなど、アップストア(App Store)を除く多くのアプリストアから姿を消した。ビリビリ動画傘下のほかのアプリは、正常に検索できる状態だった。

     中国インターネット視聴番組サービス協会(China Netcasting Services Association)が17年6月に発表した「インターネット視聴番組内容の審査規則」によると、「インターネット視聴番組にわいせつ、低俗な趣味や公衆道徳に背く内容が含まれ、未成年者に悪い影響を及ぼす恐れがある部分は、削除してから放送すること」とされている。

     中央電視台(CCTV)新聞は20日、ビリビリ動画の漫画やアニメの中には、低俗なものが存在し、きょうだい間での恋愛など倫理的に問題のある内容が含まれ、数千万回の視聴がある作品もあると報じた。これに対し、ビリビリ側は21日、公式微博(ウェイボー、Weibo)で、「非常に重く受け止めている。疑わしい内容の動画について、すぐに調査や削除を行う」と発表していた。

     ビリビリ動画は今年3月、米ナスダック(Nasdaq)市場に上場したばかり。18年の第1四半期の純営業収入は8億6800万元(約141億円)で、前年同期比105%増、純損失は5780万元(約94000万円)で昨年より減っている。

     ビリビリ動画に限らず、6月には抖音(ティックトック、TikTok)や快手(Kuaishou)などのショートムービーアプリも、政府の関連部門やメディアに注目されている。4月には、「今日頭条(Toutiao)」、鳳凰網(iFeng)傘下の「鳳凰新聞」、網易(NetEase)傘下の「網易新聞」、騰訊(テンセント、Tencent)傘下の「天天快報」などのニュースアプリもダウンロードができなくなっていた。

     全国「掃黄打非(ポルノ・違法情報取り締まり))」工作小組弁公室が国家インターネット情報弁公室と共同で各部門を招集し、取り締まりの役割分担などを明確にした。また、現在「掃黄打非」の重点は、インターネット上にあふれるポルノや違法な情報だと強調した。(c)東方新報/AFPBB News

    no title


    http://www.afpbb.com/articles/-/3184426

    【【話題】中国の「ビリビリ動画」、多数のアプリストアから削除 「低俗な内容」[07/31] 】の続きを読む

    このページのトップヘ